KOIMADO
KOIMADO > 恋愛 > 片思い > 高校生は女子からの告白が当たり前?失敗しないタイミングを知ろう

高校生は女子からの告白が当たり前?失敗しないタイミングを知ろう


恋する女子なら、「男子から告白されたい!」という願望を持っているかもしれません。
しかし実際のところ、高校生は女子からの告白が当たり前になっています。

 

告白するからには成功させてその恋を実らせたいものですよね。

 

いつどのタイミングで告白するのがベストなのか、失敗しないタイミングをここで把握しておきましょう。

高校生は女子からの告白が当たり前?失敗しないタイミングを知ろう

女子からの告白が当たり前の時代

 

ドラマや映画を見て“キュン”っとなっている女子高生は、男子からの告白に憧れを持ちますよね。

 

「こんなシチュエーションで言われたい!」
「こんな言葉を言われたいな…」
と理想やイメージを膨らませていることでしょう。

 

ただ、現実の世界では草食系男子と呼ばれる男子が多くなり、なかなか男子から勇気を持って告白してくれない時代になっています。

 

今は女子から告白するのが当たり前の時代。
失敗しないタイミングを見計らって、その勇気が無駄にならないよう、しっかりと準備を進めていきましょう。

 

男子との関係性から成功の可能性を知る

告白するタイミングによってその恋が実るかの成功率は変わります。

 

男子からの分かりやすい態度や言葉があれば気付けるものですが、シャイで消極的な男子からは、その見極めとなる態度や言葉をもらえないことも多いですよね。

 

「今告白したら成功するかな?」を、その男子との今の関係性から探り、あなたにとって後悔しないベストなタイミングで告白してみると良いでしょう。

 

友達の友達で挨拶する関係

あなたとその彼との関係性が“友達の友達”という距離ある関係ならば、成功の可能性は10%~20%程度。

 

同じ電車に乗っている時や学校で会った時に、「おはよう」とあなたから挨拶をし、彼が返してくれるといった状態であれば、彼があなたを恋愛対象として見てくれているかは判断できません。

アクションがあれば可能性は高くなる

いつも彼から挨拶してくれるといった場合であっても可能性はそう高くはありませんが、毎回あなたが乗る電車の時刻・車両に合わせて乗ってくる、来るのを待っているといった背景があればまた別です。

 

このような行動も伴っていない場合は、まだ告白するタイミングではないでしょう。

 

LINEをすると必ず返事を返してくれる

 

ここで見極めたいポイントは「必ず返事をしてくれる」が、「他愛もないことに対しても」であるかどうかです。

 

「○○日の△△時に集合ね!」といった、用事がある場合の返信はあまり当てになりません。他愛もない会話でもLINEが続くかどうか、また疑問形で返事が来ているかによって、成功率は変わってきます。

 

相手から常に来る

あなたからLINEを送るのではなく、常に彼からLINEが来るという場合は、あなたに好意を持っている可能性が高いです。

 

さらに
「なにしてた?」
「どうなった?」
など、返ってくる返事が疑問形の場合は、そこに「繋がっていたい」という男子の心理が隠されています。

 

このような関係性の場合は、成功率がかなり高く、今あなたが告白しても良い返事がもらえる可能性が高いです。

いつもあなたから送る

やっぱり好きな男子とは常に繋がっていたいもの。
そのため我慢できずに自分からLINEを送ってしまうという女子も多いですよね。

 

いつもあなたから送る、という場合は一度見極めるためにも駆け引きをしてみると良いかもしれません。

 

返事が来るからといって、あなたからいつも送っている状態、疑問形を送っている状態では、「来たから返さないと」と、単なる彼の中の義務感によって成り立っていることも考えられます。

 

一度あなたから送るのをストップし、彼からLINEがくるかどうか駆け引きすることによって、彼の思いを知ることができるでしょう。

 

報告のLINEが来る場合は期待できる

 

「今友達とカラオケしてる」
「今からバイト」
「今帰ったよ!」
と、彼が逐一LINEで報告してきてくれる場合は、かなり好意を持っていると言えます。

 

この報告には「俺のことを知ってほしい」というアピールが含まれていると言えるからです。

 

好きな人に自分のことを知ってもらいたい、分かってもらいたいと思うことは男子も一緒で、相手に自分をアピールするようなLINEが来る場合は、好意を持っていると捉えることができます。

 

また、中には「安心して!」という意味を込めている男子もいます。

 

「あなたしか見ていない」
「あなたにだから言う」
と、一途さをアピールしている可能性も。

 

写真付きで報告のLINEが来たり、逐一行動を報告してくる場合は、あなたにかなりの好意を持っていると言えます。

 

暇な時に会う関係性は見極め期間を設けて

彼とは幼馴染、昔から仲が良いといった関係だと、「暇だから遊ぼ~」と頻繁に会う関係もあり得ますよね。

 

このように密な関係だと、友達から
「絶対○○くんあなたのこと好きだよ」
「もう告白しちゃいなよ~」
と言われるくらい仲が良いことでしょう。

 

ただし、彼の中では大事な“親友”かもしれないため、友達のアドバイス通りに告白するのはまだ早いかもしれません。

長い期間友達として見ている場合は成功しない

彼との友達期間が長く、異性という意識を持たれていない場合は、彼の中に「関係を壊したくない」という思いが出てしまい、告白することで気まずくなってしまうことが考えられます。

 

「友達として好き」と「異性として好き」は当然違うもので、告白することによって、今の関係すら崩れてしまう恐れがあるのです。

 

彼の好みを聞いてみよう

 

友達期間が長い場合は、彼の好みを聞いてみると、あなたが実際どう思われているのかを確認することができます。

 

「そういえばどういう女の子が好きなの?」と会話の中でさりげなく聞いてみてください。
その返事があなたに当てはまっている場合は、彼の中であなたは“異性”として映っていますが、真逆なタイプを言われた場合は、“友達”の意識が強いです。

 

好きなタイプを聞かれた時、もし相手にあなたへの好意があるとしたら、あなたに気付いてもらいたいと思ってしまうもの。

 

意識していなくても、
「髪はショートがいい」
「一緒に居て楽な人」
とあなたにしかない特徴を伝えてくるでしょう。

 

逆に、あなたにはないタイプを言われた場合は、“友達として見ている”と考えられ、今の段階で告白しても成功はしにくいと言えます。

 

関係性・行動・タイプが揃ったら

告白を失敗しないためには、ここまでのすべてである「関係性・行動・タイプ」が揃ったタイミングがベスト。

 

これまで紹介したように、LINEでの関係性、彼のアクション、また彼の好きなタイプを知り、当てはまっているかをすべて把握した上で告白するのがベストなタイミングでしょう。

 

早く付き合いたい気持ちは分かりますが、失敗に終わっては、今の関係すらも崩れてしまう可能性があります。
あなたのその思いを無駄にしないためにも、ベストなタイミングを見極めてから告白するのが良いでしょう。

まとめ

できれば男子から告白してもらいたいものですが、高校生ではまだ恋愛経験が不足していて自分に自信が持てていない男子が多く、彼からの告白を待っていては時間だけが過ぎてしまうのが現実です。

 

恋愛に慣れていないことや受け身体質な男子は、
「女子から告白してほしい」
「女子にリードしてもらいたい」
と思っていることも。

 

彼と付き合うためにはきっかけとなる告白が必要です。
そしてその告白を成功させるためには、ベストなタイミングを見極める必要があります。

 

ベストなタイミングで告白をして、彼との関係をより深いものに変えていきましょう。

 

関連記事:学校だと周りから見てると両思いとわかる!両思いの空気感や雰囲気とは

関連記事:高校生は告白タイミングを逃せば成功しない!失敗を恐れず呼び出ししよう

関連記事:男性に意識させる女性からのLINEのアプローチ方法!好意をアピールしよう

運命の人、大好きな人と付き合うためには、とにかくたくさん異性と出会うことが大事!
異性と多く出会うことで、好みの人と付き合える確率もグンッと上がりますよ!
「出会いがないから付き合えない…」は、今の時代はありまえません!あなたのたった1つの行動で素敵な人とで巡り合うことができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
>運命的な出会い、素敵な出会いが欲しい人はこちら!




キーワード