KOIMADO
KOIMADO > 恋愛 > デート > 付き合う前の夏祭りデートへの誘い方!モテ男の成功させる誘い文句

付き合う前の夏祭りデートへの誘い方!モテ男の成功させる誘い文句


夏祭りは恋につながるイベントです。
だから好きな人を誘って付き合いたいですよね。

 

お祭りデートなんて好きな人との距離を近づけることができる大チャンスです。
楽しい出店や綺麗な花火を見たりして、最高の思い出を作っちゃいましょう。

 

本記事を読めば、夏祭りデートへの誘い方やモテ男のたしなみを身につけることができます。
好きな女性と夏祭りデートに行き、そこから恋につなげましょう。
夏祭りデートへの“成功のカギ”がここに!

付き合う前の夏祭りデートへの誘い方!モテ男の成功させる誘い文句

会話の流れで誘ってみる

 

付き合う前の夏祭りデートの誘い方が分からない方も多いでしょう。
付き合っていないため、周囲の目を気にしたり、断られることを恐れたりしがちです。

 

そのため、会話で夏祭りの話題に持っていき、そこでデートに誘いましょう!
「夏祭りそろそろだね~」と話していれば、あとは相手に予定が空いているかを聞いて、予定が合えばデートが成立するでしょう。

 

夏祭りで恋人ができたら最高なので、会話の流れで誘ってみましょう。

 

第三者に協力してもらう

付き合う前の夏祭りデートへの誘い方は、第三者に協力をお願いすることです。
例えば、相手の友達に好きであることを伝えて、一緒に夏祭りに行けるように誘導してもらうなどです。

 

また、グループで行く約束をして、当日二人きりしかいないという映画やドラマ並みのシチュエーションもおすすめです。
他人に協力してもらって夏祭りデートできるなら、告白を成功させるしかありませんね!

 

夏祭りデートは恋人になる絶好のチャンス!

 

メールで誘う

付き合う前に夏祭りデートを誘う時は、もちろんのこと緊張してしまいます。
そんな方は、本当は直接誘うのがいいですが、緊張体質の人は相手の表情が見えないため、メールで誘うのがおすすめです。

 

なぜなら、会って顔を見て言えずに終わってしまうことや、ぎこちなさ過ぎて相手に変な誤解を与えるリスクがあるからです。
付き合う前に夏祭りデートに誘うことで、相手も恋愛感情があることに気づきやすいのです。

 

方法がメールであっても、夏祭りデートで恋を一気に引き寄せましょう。

周りを巻き込んで誘う

 

付き合う前の夏祭りデートを二人きりで誘えない場合は、皆で行くように誘いましょう。

 

二人きりで誘うのは、ある程度仲が深いことや、ベストなタイミングが必要になるため誘えないこともあるでしょう。
一方、グループで夏祭りに行くように誘うのは気軽ですし、グループでも恋に発展するチャンスはあるはずです。

 

夏祭りデートのイベントは恋をするためのチャンスの場です。
友達に好きなことを伝えておけば、仲を深める手助けをしてくれるため、恋のキューピットになってもらうのも一つの手段です。

 

「○○日暇でしょ?」と誘う

夏祭りデートへを成功させるには、「○○日暇でしょ?」とあたかも暇が確定しているかのように誘いましょう。

 

緊張してガチガチで誘うより効果的ですし、自然に返事をさせやすい雰囲気を作ることができます。
モテ男はさり気なくデートに誘い、女性の心を射止めるのです。

 

一般的な誘い方である「○○暇?」と聞いた場合は、「暇!」と答えた時にデートを誘わねばなりませんので二度手間になってしまいます。
なので、このような恋愛に使えるテクニックを駆使して、意中の女性と付き合いましょう。

 

「○○日暇でしょ?」と誘うことで、余裕が垣間見えて男らしさまでアピールできるのでオススメです。

 

「楽しい場所行かない?」とあえて場所を伏せておく

「楽しい場所行かない?」とあえて場所を伏せておくことは、女性が好きなサプライズにつながります。

 

また、夏祭りデートだと分かると、デート前から警戒されることも多々あります。

 

この誘い方だと女性は夏祭りだとは気づかずに、当日は美味しいお店にでも行くかと予想しているかもしれません。
当日夏祭りならドキドキするでしょうし、サプライズは大成功だと言えるでしょう。

 

ただ誘うだけではなく、ロマンチックに誘うのもモテ男のテクニックです。

 

夏祭りデート前に二人で会える関係になる!

夏祭りデートに誘う場合は、仲が良くないのにいきなり誘うのは無理があります。
そのため、夏に向けて冬や秋の間に連絡先を交換するのはもちろん、食事やデートをするなどの事前準備が必要になります。
夏祭りデートの成功率を上げるためにも、積極的にアプローチしておくことが大事です。

 

仲が深まっているなら相手から誘われることもありますし、自分からデートに誘うのもスムーズにいくでしょう!

夏祭りに誘う注意点!

 

夏祭りデートに誘う時は注意も必要です。
女性も相手から気遣いが感じられなければ断るため、何も考えずに誘うのは絶対にNG。

 

夏祭りに誘う時の注意点を事細かに解説していきます!

 

1.周囲に人がいないか

夏祭りに誘う時は、その場に人がいないかを確認しましょう。

 

なぜなら、周りに知り合いがいる時に誘われると、茶化されることにつながり迷惑するかもしれないからです。
また、本音では夏祭りに行く意思があっても、周りに聞かれていることを気にして断る可能性もあります。

 

相手の迷惑になることを考慮すれば、呼び出して二人きりになるか、相手の周りに人がいないことを確認してから誘うことです。

 

2.しつこくしない

夏祭りデートに誘う時はしつこくするのはNGです。

 

例えば、一回誘ってみたが、心配になって返事を聞く前に再び誘うなどです。

 

余裕がない男性はモテませんし、一気に嫌になり断られるでしょう。
一度誘ったら返事を煽らないことは、モテる男のたしなみと言えるでしょう。

 

また、誘った時に「お願い」「絶対楽しませる」などもしつこい部類に入りますので、誘うときには十分に注意しましょう。

 

3.言いふらさない

夏祭りデートに誘う時は、周りに人に言いふらさないことです。

 

もしデートにOKしてもらえても、知らない人が二人で夏祭りデートすることを知っていたら、嫌な思いをすることになります。
変な噂をたてられることもあるため、親友など大切な人以外には伝えないのが正解です。

 

最悪の場合はデートをキャンセルされたり、怒ってドタキャンされたりと、悪い結果を招くことになります!

夏祭りデートに誘う時はタイミングが大切

 

夏祭りデートに誘う時はタイミングが成功のカギを握ります。
相手の予定を把握しておくことや、誘いやすい時を待つこともデートを成功へ導きます。

 

例えば、相手が忙しい時にデートに誘うのは最悪ですし、断られてしまうでしょう。
仕事や勉強が落ち着いていて、時間がありそうなタイミングで誘ってみるのです。

 

ついでに誘ってみる

ストレートに誘うとなると、自分にも相手にも重くなることがあります。

 

そのため、会話をしている流れで誘うか、メールでやり取りしている流れで誘うのがいいでしょう。
女性側も重く受け止めないため、ついで感を出すとすんなりOKしてもらえます。

特に奥手な女性やシャイな女性には効果抜群です。

まとめ

付き合う前の夏祭りデートへの誘い方や誘い文句をご紹介しました。

 

夏祭りに誘うことに成功すれば、付き合える可能性は飛躍します。
そもそも脈なしならデートの誘いをOKしてくれないため、デートに誘えた時点で恋に近づいている証拠です。

 

夏は気温の関係もあり、気分が上昇する季節。
ぜひ、夏祭りデートに誘って恋を掴み取りましょう!

 

関連記事:お祭りデートで上手にキスするタイミング!中学生、高校生は必見!

関連記事:お祭りデートや花火大会でキスするシチュエーション!タイミングが大事

関連記事:夏祭りや花火大会への成功するデートの誘い方!タイミングがコツ?

運命の人、大好きな人と付き合うためには、とにかくたくさん異性と出会うことが大事!
異性と多く出会うことで、好みの人と付き合える確率もグンッと上がりますよ!
「出会いがないから付き合えない…」は、今の時代はありまえません!あなたのたった1つの行動で素敵な人とで巡り合うことができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
>運命的な出会い、素敵な出会いが欲しい人はこちら!




キーワード